ゴルフスウィング上達講座(1)グリップとスタンス

 
 
(1)グリップとスタンス
ゴルフは、はやりナイスショットが打てたほうが楽しい。ドライバーでは飛距離が出て、アイアンでピンそばにぴたっりのせて、むずかしいパターがきれいに決まるとほんとうに楽しい。
そのためには、スウィングの基礎づくりが大切である。 ゴルフをはじめたら、スウィングの追求、スウィングの向上はずっと付いてくるものである。
グリップとスタンス
YouTube 動画

パーフェクトなゴルフスウィングのやり方をご紹介します。

Step1 旗に向かうラインに、自分のポジションを定める。

目標方向の旗とボールの間の位置に、マークを置きます。
そこにクラブを置いてみます。
そこに平行にスタンスをとれば、完全に立つことができます。

Step2 左手を正しく握る

クラブを自然な向きにセットして、 手の人差し指のつけねにシャフトを置きます。
手のひらのつけねの部分にフィットさせ、 グリップエンドはやや余らせます。

親指はナチュラルグリップでシャフトの上にきます。
親指を前に伸ばしてはいけません。
TIP=左手を正しく握ると、ナックル(拳の骨)が2つ見えます。

手首を上下に動かすことができるはずです。

Step3 右手を正しく握る。

右手は自然にグリップに握手します。
右手は左手の親指を握りこみます。
フィンガーグリップで、 手のひらではなく、中指と薬指で握ります。
右手のV字(親指と人差し指)は右肩をさします。

Step4 クラブの裏側を正しく握る。

3つのやり方があります。
第1はバードングリップ、またはオーバーラッピンググリップです。
もっとも一般的なものです。 右手の小指を左手の人差し指と中指の間にかぶせます。

第2はオーバーラッピンググリップです。
右手の小指と左手の人差し指をからめます。 一般的ではありませんが、タイガー・ウッズ、ジャック・にクラウスが これをやっています。

第3はベースボールグリップです。
手の小さい女性や子どもがこれで握ります。

Step5 正しいスタンス

正しいスタンスが、正しいスウィングのバランスをもたらします。
足幅は肩幅と同じ幅にはなします。
ヒザ、腰、肩はターゲットに平行にします。
右足は飛球線に直角に置きます。
左足はややオープンで、回転をスムーズにさせます。
左足をオープンにしすぎないように。
上体を腰から折り曲げ、ヒザを軽く曲げ、柔軟に保ちます。
クラブと体は拳1個分はなします。
体重は足の母指球に置きます。かかとに置いてはいけません。
左手を伸ばし、右ひじをやや曲げて構えます。
TIP=体軸をやや右に傾けます。

Step6 ワッグルする

体重が等しく配分されていることを確認し、体をリラックスさせるために、ワッグルは重要な動作です。

Step7 スウィングする

テイクバックは体の回転でおこない、手でおこなうのではありません。
手はスウィング中つねにグリップをしっかり握っておきます。
TIP=ローテーション・ドリル
クラブを抱いて、肩と腹、体全体を回します。 そのとき背中の角度を保ちます。

トップでは背中を目標に向けます。
ダウンスウィングで体重を右から左へ移します。
インパクトでは腰は回り、肩は平行です。
体全体が目標を向くまで回転をつづけます。
動作は最後まで途切れないように。
右足はインパクト後も動きます。
体をリラックスさせます。
打つのではなく、スウィングするよう心がけましょう。
パワーは速い回転から生まれます。
スウィングを通じて、腰が肩をリードします。
これが、パーフェクトなスウィングの方法です。

ライン
ライン