コースデビュー、実践編---グリーン上のプレイ

 
 
コースデビュー、実践編。
グリーン上のプレイ
ピッチマークを直す。

グリーンフォークボールが落下すると、その勢いでグリーン上にへこみができることがある。このへこみをピッチマークという。これは、グリーンフォーク(2股になった器具)を使って直すのがエチケット。
グリーンフォークを芝に刺し、柄をくぼみのほうに向かって立てることで、芝を寄せる。先端を持ち上げると、芝の根が切れるため、そういう使い方は厳禁。

グリーン上のボールはマークする。

グリーンに乗ったボールはつねにマークして、ボールを拾い上げる。これを習慣にしよう。
グリーン上に落ち葉などがあると邪魔になるが、これは取り除くことができる。
また、スパイクの跡もパターで軽くトントンと叩いて、平らに直すことができる。

ラインを踏まない。

同伴競技者のパッティングラインを踏まないように。またぐこと。 また、同伴競技者がパッティングするときは、ラインの延長線上に立たないこと。集中をさまたげてはいけないからだ。

旗パターを打つ。

パッティングするときは、旗ざおは抜いておくこと。グリーン上からプレーして、旗ざおに当たると2打罰になるので注意しよう。また、パッティングには必ずパターを使うこと。アイアンでのパターは禁止されている。
パッティングの結果に興奮して、グリーン上で暴れたり、パターでグリーンを叩いたりしてはいけない。

ホールにボールを入れたら。

ホールインしたら、スコアをつけて、次のホールへ移動する。
初心者のうちは、スコアが大きくなりがちで、いくつ打ったか覚えていないこともあるが、しっかり確認して記入しよう。

ライン