コースデビュー、実践編---ティーショットを打つ

 
 
コースデビュー、実践編。
ティーショットを打つ。
いざ、ティグラウンドへ。

指定された時間の10分前にはティグラウンドへ出ておこう。朝イチ、キャディさんにあいさつしておこう。キャディさんのカートから、自分のキャディバッグ、クラブの本数などを確認します。
楽しい1日を過ごせるように、気配りを。

打つ順番を決める。

くじを引くスタートホールの脇には、通常、スティック状のくじを入れるスタンドが立っています。4本のくじを手にもち、4人が順にくじを引きます。棒の下部に順番が刻まれているので、それがティーショットの順番になります。
なお、2番ホールからは、前のホールの一番スコアのいい人が「オナー」となって、スコアのいい順に打つのがルールです。

ボールを確認する。

4人で、それぞれのボールのメーカー、番号などをお互いに確認します。

打つ前に。

素振りは近くに人がいる危険なところではしないこと。自分の番がきたら、ティグラウンドで素振りしよう。
ゴルフは、4人1組で順次スタートしていきます。前の組がティーショットを打ち、全員が第2打を打って、十分に安全なところまで進行してから、次の組がティーショットを打つという段取りです。
なお、ゴルフではキャディさん以外にアドバイスを求めてはいけないことになっています。それがルールである。リクレーションゴルフでは、そんなことをいっていたら楽しくなくなるが、ルールは知っておいて損はない。

ティーショット

ティーグラウンドキャディさんから合図があれば、1番の人から順にティーショットを打ちます。
ティーショットを打つときにボールを置ける範囲は、2つのマーカーの範囲で後方にクラブ2本分の長さの長方形のなかです。
人が打つときは、静かに。また、打つ人の視界に入らないよう、後方に立とう。
危険なところにボールが飛んだときは、「ファー」と声を出し、危険を知らせること。
飛球がOBかどうか、池に入ったかどうか、判別できないときは、もう1球、暫定球を打っておきます。
朝いちのティーショットはとても緊張しますね。

セカンドショット

ティーショットを全員が打ったら、第2打の地点へ進みます。この瞬間がどういうわけか、とても楽しい。
第2打以降は、ホール(カップ)から遠い人から順に打ちます。
安全のために、ショットする人より前には立たないように。

芝への気配り

目土ショットによって芝を切り取ったら、ターフ(芝)を元の穴に戻し、足裏で踏んでおくこと。へこんだところに入れる土を、目土といいいます(キャディさんが持っている)。

ライン