コースデビュー、実践編---コースに到着したら

 
 
コースデビュー、実践編。
いよいよ、待望のコースデビューですね。 ここでは、その注意点などを書いておきます。
コースに到着したらティーショットを打つショットのトラブル対処法グリーン上のプレイプレー終了、親睦、解散
コースに到着したら。
コース到着

エントランスクルマで行く場合、コースに到着したら、エントランスにいったんクルマを止め、トランクを開け、従業員の人にキャディバッグを渡します。これ以降、キャディバッグはキャディさんの管理下に置かれることになるので、ゴルフシューズをキャディバッグに入れておいてはいけません。
セルフプレイ(キャディなし)のコースでは、エントランスの周辺にあるキャディバッグ置き場にバッグを自分で置きます。
バッグを降ろしたら、クルマを駐車場に入れます。クルマを降りて、着替えやシューズなどを入れたバッグを持って、クラブハウスまで歩いて行きます。

フロントで受付

受付フロントで名簿に名前を書きます。このとき、メンバー用の名簿とビジター用の名簿が分かれていることがあります。ビジターの人は、ビジター用の名簿に書こう。名前を書いたら、ロッカー番号の付いたカードキーを受け取ります。
ロッカー番号は、ロッカーを使うだけでなく、茶店の勘定や昼食の勘定のときにもすべてカード番号によって管理され、後で清算するため、とても重要です。
貴重品は、貴重品BOXに入れよう。

ロッカールームで着替える。

ロッカールームへ行き、カードに書かれた番号のロッカーで、ゴルフウェアに着替えます。脱いだ服やボストンバッグはロッカーに入れる。ゴルフシューズを履いて、プレーに必要な携帯品をもち、装備を完了させます。

キャディマスター室へ

スコアカードクラブハウスからコースへ出るあたりに、キャディマスター室があることが多いレイアウトです。キャディーマスター室へ行って、スタート時間とスタートがアウトかインか(どのホールからスタートするか)を確認します。
窓口の脇などにスコアカードやボールマーカー(グリーン上で球の位置をマークするもの)が置いてあることが多いので、それらをもらっておこう。

パットの練習

スタートまで時間があれば、練習用グリーンでパターの練習をします。練習用グリーは、そのコースの芝目の強さや芝の長さと同じコンディションに整備されています。そのグリーンでパターを打つことによって、転がり具合や芝のクセを知り、その日の自分のタッチを調整できます。
ドライビングレンジのあるコースでは、スタート前に球を打って練習することも可能です。

ライン