練習場へ行こう---はじめてのゴルフ

 
 
練習場へ行こう。
他のスポーツなら、道具をそろえたら、すぐに実戦をおこなうことができることも多いだろう。しかし、ゴルフの場合、最低限の練習が必要である。はじめてコースに出たとき、空振りの連発では、絶対に楽しめないし、まわりに迷惑がかかってしまう。というわけで、まずは、近所の練習場へ行って、ボールを打ってみよう。
ゴルフ練習場って?
ネットで囲まれた空間で、ゴルフのボールを実際に打って練習する施設である。料金は、それぞれの施設の規定によるのでまちまちであるが、東京の場合、入場料が400〜500円ほど、ボール30〜40球で500円ほどかかることが多い。つまり、80球打つと、合計1500円ほどかかる。それ以外に、夜間は照明代が加算されるところもある。
練習場
フロントで名前を記入する。
練習場にはフロントがあることが多い。そこで、名簿にサインする。2階打席、3階打席があるところも多いから、ここで、希望があれば遠慮なく告げること。
貸しクラブを置いていることも多いので、クラブを借りて練習することもできる。旅先などで突然、練習したくなったときなど便利だ。貸しクラブは通常、有料。
どの打席を選ぶか。
初心者は1階よりも、2階、3階がいい。地面から打つと、初心者はボールを上げなければならないというプレッシャーがかかるため、すくい打ちになることがあるからだ。2階、3階なら、その心配がない。ゴルフ入門の本を見ると、初心者は左端の打席がよいなどと書いてあるが、とくに気にする必要はないだろう。
打席に着いたら、ボールを借りて、カゴに入れる。
練習場フロントで指定された打席(番号で指定されることが多い)に行って、とりあえず、キャディバッグを置こう。で、まずはボールを借りる。最近は現金よりも、カード式が多い。プリペイドカード方式の場合、先にカードを買う必要がある。1000円程度でいいだろう。
自動販売機にような玉貸し機にカード、またはコインを入れて、ボールの出口にカゴをセットし、ボタンを押し、ボールをカゴに入れる。一度にたくさんいれずに、少しずつ(30〜50球)入れるのがいい。
ボールの出し方。
球入れ
カード挿入機
ボールを入れる装置に、ボールを流し込む。 ボールを出すには、通常、ペダルを押し下げる。 あるいは、そうした設備はなく、地面に自分でボールを置いて打つところもある。

さらに、カードを差し込むと、全自動でボールが出る練習場もある。高級なところはそうなっていることが多い。その場合、打席に立てば、自動的にボールが出てくるので、早いペースで打てる。ついつい打ちすぎてしまうのでご注意を。
ドライバーはティアップして。
ゴムティ本コースではドライバーはティアップして打つ(ティーとは、地面に挿して使う木製などの小さな棒状の台)。練習場では、ゴムティが用意されているので、その上のボールをのせて打つ。マットの裏から差し込んで使う。3種類ほど高さの異なるものが用意されていることが多い。好みの高さのものを使おう。
アイアンは、緑のマットの上にボールを直接置いて打つ。
シューズはどうする?
ゴムマット練習場でも、土の地面の上からボールを打つところもある(1階の場合)。土のところでは、ゴルフシューズを履こう。
他方、ゴムマットが敷かれているところもある。ゴムマットのところでは、スニーカーでOK。
練習の順序。
ゴルフクラブにはウッドとアイアンがある。ウッドは3種類ほど。アイアンは9種類ほどある。 初心者のうちは、7番アイアンあたりを重点的に練習するのがいい。すべてのクラブを練習するときは、短いものから練習するほうがいい。ドライバーは最後になる。
ドライバーがもっとも飛ぶので、振り回すのは楽しいが、あまりドライバーばかり練習しないほうがいい。ドライバーは飛ばそうとしてリキむから、リキみぐせがつきやすいからである。
フルスウィングも大切だが、ハーフショットも練習しよう。手の力で加減するのではなく、スウィングの振り幅を変えることによって、飛距離を調節する。ピッチングウエッジで80ヤード、50ヤード、30ヤードと打ち分けてみよう。さらに、もっと短いチッピングも練習したほうがいい。ショートゲームがスコアには重要だからである。
→スウィング練習法
ライン