クラブセットをそろえる

 
 
クラブセットをそろえる
とりあえず、道具をそろえて、素振りでもいいから、クラブを振ってみよう。
クラブを振れば、なんとなく、ゴルフの気分がわかります。
いい道具をそろえると、練習する気も盛り上がります。
クラブセット
ゴルフでは、試合で使えるクラブは14本以内と決まっている。
クラブにはウッドとアイアンがある。ウッドはシャフトが長く、長い距離を打つためのもので、中空の金属製(多くはチタン)の大きなヘッドがついている。昔は、ウッドのヘッドは木製だったため、そうよばれる。アイアンは、鉄製の薄めのヘッドがついている。ウッドもアイアンも、距離によって使い分ける。アイアンの場合、3番、4番が長い距離を打つもので、番手が下がる(大きな数字になる)ほど(8番、9番、ウエッジ)短い距離を打つものである。

多くの場合、ウッドを3本、アイアンを9本、パター1本の計13本である。あとの1本、何かを加えてもいい。スコアメイクのためには、ユーティリティを足すのがいいが、初心者は不要だろう。

初心者はセットを買えばいいと思う。初心者用、中級者用のものから選べばいいだろう。



初心者用のセットにも、スペックはいろいろあるが、まず、重要なものはシャフトの硬さである。Xがもっとも硬く、S、R、A、Lと順にやわらかくなる。初心者はR(レギュラー)がいい。硬いシャフトを使うのは、手打ちの素であり、おすすめできない。
シャフトの材質にはスチールとカーボンがある。軽いカーボンシャフトを選ぶのが普通だが、体力に自信のある人はスチールでもいい。

ドライバーのロフトもいちおうチェックしておこう。初心者は10度ぐらいあるほうがいい。ただし、これはメーカーによって計測方法が異なるため、メーカー間の単純な比較はできない。ロフトが小さいと、ボールが上がりにくく、低い球になる。
単品でそろえる
初心者用のセットを買うと、上達が早い人なら、1年ほどでもっといいクラブが欲しくなる。それなら、最初からまあまあいいものを買っておくのも手である。最初からいいものをもっておくのはいいこと。

ウッドとアイアンセットを別々に購入するのは、中級クラス以上の人向け。商品はものすごくいろいろあるので、選ぶのに悩んでしまう。


楽天 ドライバー(メンズ)
楽天 アイアン(メンズ)
楽天 パター(メンズ)

ライン