ゴルフコースって?---ゴルフの基礎知識

 
 
ゴルフコースって?
緑豊かな自然のなかにつくられたゴルフコースが、ゴルフの舞台です。
ゴルフコースって、どんなところなのか、とりあえず知っておいたほうがいいことをご説明。
コースは18ホールで構成されている。
ゴルフ場ゴルフコースは一般に1番から18番までの18のホールで構成されています。18ホールの合計距離は6000ヤードから7000ヤード。つまり、1ラウンドすれば、5〜6キロを歩く計算になります。
18ホールのうち、1番から9番までをアウトコース、10番から18番までをインコースといいます。ゴルフ場では、インからスタートする組とアウトからすタートする組に振り分けられるので、そのどちらかからスタートすることになります。
距離によって3分類されるホール。
18ホールは、距離によってロングホール、ミドルホール、ショートホールに分けられます。18ホールの構成は、多くの場合、ロングホールが4つ、ミドルホールが10、ショートホールが4つで構成されています。それぞれの長さのホールに、パーとよばれる基準打数があてはめられています。ロングホールはパー5、ミドルホールはパー4、ショートホールはパー3。
パーと、ティショットからカップに入れるまでの基準となる打数をさします。パーよりひとつ少ないものをバーディ、2つ少ないものをイーグルとよびます(これらはいいスコア)。それに対して、ひとつ多いものをボギー、ふたつ多いものをダブルボギー(略してダボ)とよびます(こちらは悪いスコア)。18ホールの合計で、パー72となります。
ロングホール ロングホールとは、ティグラウンドからグリーンまでの距離が471ヤード以上あるホール。パー(基準打数)5である。ティグラウンドから3打でグリーンに乗せ、2パットでカップに入れることが期待されているホールです。
ミドルホール  251〜470ヤードまでのホールをさす。パー4である。すなわち、2打でグリーンに乗せ、2パットでカップインすることが期待されているホールである。 18ホールのうち10ホールともっとも多い。
ショートホール  250ヤード以下のホールをさす。パー3である。すなわち、1打でグリーンに乗せ、2パットでカップインすることが期待されているホールである。 初心者がもっともパーを取りやすいホールである。
ホールの形が途中で右または左に曲がったものをドッグレッグとよぶ。この場合、カップまでの直線距離ではなく、フェアウェイのセンターで折れ曲がったライン上で計測されます。
ホールのむずかしさ。
各ホールはすべて長さも違うし、起伏などの条件も違います。したがって、簡単なホールもあれば、むずかしいホールもあります。条件はさまざまですが、同じホールは2度とないし、同じショットも2度とありません。
ハザードなどの障害物も設置されており、心理的なプレッシャーをかけるなど、プレーをむずかしくしています。
コース場所名
ハザード コース内の障害物
バンカー ハザードの一種で砂の入った窪地
ウォーターハザード コース内の池や川、溝などの水域、水路。
OB アウトオブバウンズの略。コース外のプレー禁止区域。
コースの難易度。
距離による難易度に着目して、難易度を数値化したものがヤーデージレーティングです。さらに、そこにコースの起伏やバンカーの配置などを含めて、実際の難易度を計測したものがコースレートです。これは、実際のパーを算出したもの。通常はパー72ですが、各コースによって71であったり(簡単ということ)、73であったり(むずかしいということ)します。つまり、コースレートを知れば、そのコースの実際の難易度がわかることになるわけです。
コース内の施設
クラブハウス コースの受付、ロッカールーム、レストランなどのある建物。コースに着いたら、ここで受付する。
乗用カート キャディなしで、乗用カートを運転してプレーするところもある。カートにはキャディバッグを積んで、自分でカート道を運転して進む。安全運転で行こう。
茶店 9ホールに1つほど、茶店が設けられていることが多い。ここで、必要ならばちょっとジュースを飲んだりできる。
ライン